オケクラフトのお弁当箱

オケクラフトのお弁当箱

こどものお弁当に。休日のお出かけに。ほとんど毎日のように使う道具、お弁当箱。
その使用頻度は暮らしの道具の中でもかなりの登場頻度。
だからこそ、本当に気に入ったものを使いたい。

オケクラフトのお弁当箱を家族で使い始めてから、もう10年近くが経とうとしています。

一度は廃盤になってしまったお弁当箱が再販されることを知り、お店を開いた暁には是非取り扱いさせていただきたいと、思いを馳せていたもののひとつ。

こどもが3歳になるころまでは、出かける際に小さく丸めたコロコロおにぎりを詰めて持ち運んでいました。幼稚園に入り、小さなお弁当箱におかずやごはんを詰めていくのは何とも楽しい作業でした。しかし毎日のお弁当。時には寝坊して時間がない時もありましたが、木のぬくもりのあるお弁当箱に入れるだけで美味しそうに見えるから不思議。どんな具材も美味しそうに見せてくれるお弁当箱って、そうはないと思うのです。

扱いやすさも抜群。
エゾマツにウレタン塗装が施されているため、おかずのシミなどがつきにくく、長い時間お弁当箱を洗えない場合にも使い勝手が良いのです。ちなみにこのウレタン塗装は、町内の学校給食にも30年以上使われ、その安全性が確かめられているのですって。どんなに良いものでも、シミを気にして好きな具材を入れられなかったり、使いづらくて出番が少なくては台無し。日々使い込んで、暮らしの一部となってこそ、道具として本望なのではないでしょうか。

家族と共に歩んできた我が家のお弁当箱の10年。
飴色に変化した木肌は実に美しく、これからの10年もどんな風に色を重ねていくのか楽しみです。

オケクラフトのお弁当箱
左 ) 豆曲げ輪
右 ) 小判型曲げ輪

オケクラフトのお弁当箱
左 ) だ円弁当箱(中)
右 ) だ円弁当箱(小)

Popular articles